生乾き臭がとれなくなった服の臭いが!?あたらめてオキシクリーンの良さを知る。

生乾き臭がとれなくなった服の臭いが!?あたらめてオキシクリーンの良さを知る。
Pocket

梅雨は洗濯物が乾かず、生乾き臭がついてしまうことがあります。

 

一度その「生乾き臭」がついてしまった衣類は、洗濯を繰り返しても・天日干しをしても、なかなか落ちないものです。まだ着られるのに臭くて着られない・・・そんな「生乾き臭のついてしまった洋服」、諦めずにどうにかしたいものですよね。

 

何度洗っても消えない生乾き臭には【オキシクリーン】

 

 

オキシクリーンとは、
衣類のシミ・汚れを漂白・消臭※1、除菌※2する酸素系漂白剤です。
また衣類だけではなく、食器・キッチン・トイレ・お風呂場・リビングなど家中のお掃除に使用できます。
※1)汚れの程度、種類によって効果は異なります。※2)布製品を1時間以上漬けおきした場合(すべての菌を除菌するわけではありません)。

私は洗濯槽の掃除や汚れのひどい衣類の漬けおきなどに使っています。

 

今回は生乾き臭が染み付いてしまい、何度も洗濯しているのに生乾き臭が臭って臭って仕方のない洋服の臭い消しにオキシクリーンを使ってみました。

 

ターゲットは、夫がパジャマとして毎日着ているロングTシャツ2枚。どちらも生地が重く・なかなか乾かないタイプで、生乾き臭がひどい。晴れの日にカピカピになるまで乾かしても臭ってしまうTシャツ。生乾き臭が染み付いているようです。

 

普段から梅雨の時期にはクエン酸で洗ったりしているのですが、どうにも臭いがひどい。

 

いざオキシ漬け。

 

オキシクリーン漬け

①粉末をバケツなどの容器に入れ、お湯(60度くらい)で溶かす

②洋服を漬ける(20分以上6時間以内漬ける)

6時間以上おいても効果がないということのようですが、私は洋服を漬けたまま出かけてしまったので結構長く漬けていたと思います。

③洗濯する

④しっかり乾かす

 

の簡単作業。夫のTシャツははっきりとした緑色とピンク色だったので、色落ちがすごかったです・・・それとも汚れなのか、水がかなり汚れていたので、色がある程度なくなるまで繰り返しすすぎました。※色の濃い洋服は注意です。

 

そして④については、雨が続いていたので天日干しはできず、サーキュレーターのみで乾かしました。

 

オキシクリーン漬け後

結果、「全然臭いがしない!!あの生乾き臭どこいった??」。

 

でも、きっと後から臭いが戻ってくるか・・と覚悟していたのですが、洗剤の良い香りしかしなくなり、かなり驚きました。

 

オキシクリーンてすごいんだ・・・生乾き臭がひどくて捨ててしまった服もあったのに、今頃オキシクリーンのすごさを知った、というわけです。

 

生乾き臭がとれなくなった服の臭いが!?あたらめてオキシクリーンの良さを知る。まとめ

改めて知ったオキシクリーンの良さのご紹介でした。

 

「なんでこんなに生乾き臭がすごいのに毎日着るの?洗っても臭いからストレスなんだけど・・・」と夫に聞いてみると、「気に入ってるから!」とのことでした。臭くても気に入っていたのか・・・と少し驚きつつ。オキシクリーンで染み付いた生乾き臭をとることができてよかったと思いました。

 

お気に入りの洋服に生乾き臭が染み付いてしまったら、ぜひ試してみてくださいね。ここまでお読みくださりありがとうございます!