【30代メイクはプチプラで整える】実例あり!「20代と何が違う?ナチュラルすぎると老け顔に!?」

【30代メイクはプチプラで整える】実例あり!「20代と何が違う?ナチュラルすぎると老け顔に!?」
Pocket

30〜40代の方。「メイクにお悩みではありませんか??」20代の頃と同じメイクだとちょっときつめ・・・かといって落ち着いたナチュラルメイクにするとぼやけて疲れた印象に。

 

急に自分にあっているメイクがわからなくなる頃ではないでしょうか。

 

20代の頃のようなハツラツさはないけれど、まだまだ「おばちゃん」とは言わせない、落ち着いたしっかりメイクがおすすめ!!

 

【30代メイク】プチプラで落ち着きしっかりメイクを

30代〜の落ち着いた雰囲気を持ちつつ、痛々しくない若々しさを取り入れるプチプラメイクをご紹介。

 

□ポイント□

黒目を意識したアイライン

涙袋

少しタレ目で優しく

 

以上のポイントを意識しつつメイクしていくのですが、「目が大きく見えるようにアイラインは太く!」「涙袋は描いちゃう!」という10〜20代ならではのメイクではなく、自然を意識しながら仕上げていく大人メイクをご紹介。

 

しかし、そもそも20代の頃のメイクと30代40代のメイク、同じように同じ顔にしているのにメイクが浮いてしまうのはなぜでしょうか。

 

20代の頃と同じメイクなのに「老けて見える原因とは?」

なぜ20代の頃のメイクをするとちぐはぐな印象になってしまうのか??

 

まずは骨格やお肉のつき方が変わってきます。20代の頃と比べると顔が大きくなったような気がしませんか?

 

なので、今まで通りアイメイクをしているのに、なんとなくつぶらに見える瞳。

 

「目が小さくなった??」・・・ではなく、目の大きさは変わっていないのに、お肉のつき方や顎周りがしっかりしてきている場合があるのです。

 

私は20代の頃と比べると頬ボネが出てきてエラが張ってるな・・・と感じます。

 

そして20代の頃と比べると肌の弾力がなくなり、たるみはじめているということ。

 

目元でお話しすると、まぶたのハリがなくなりまぶたが下がる・結果目が小さく見えてしまう。つり目だと思っていたのにタレ目になっている・・など。

 

メイクの効果が最大限生かせるよう、毎日の保湿ケアやフェイスマッサージもがんばらないとなと思います。

 

最近ではマスクをする機会が多いと思うのですが、「〇〇さんて、マスクしてると詐欺だよね〜」と言われないように、見えない部分もしっかりと整えたいものです。

 

老け顔の原因がわかったら「プチプラメイクを施すだけ!!」

出来上がりはこんな感じ。途中写真がうまく撮れずに左右逆の目元の画像になっていますが、ご容赦ください。

 

□メイク手順□

まずはすっぴん(眉毛と目だけで失礼いたします。)を公開。

二重というか三重・四重・・とかなりたるみがあります。

 

色素沈着もあるので、かなりきつい雰囲気ですね・・・。そしてぷっくりとした涙袋は全くなしのフラットな涙袋なので可愛さに欠けます。まつ毛も毛自体が細く少ないタイプ。

 

では早速メイクしていきましょう!

 

①涙袋を作る

 

涙袋あたりにキャンメイクのアイブロウの真ん中の色を塗ります。少し微笑みながら塗るとやりやすいです。

 

画像のように目尻が下がるようなイメージで塗ります。色がくっきりつくくらい塗るというよりは、下地を塗るような感じで軽く塗っていきます

 

②アイシャドウを塗る

 

 

1・左下のゴールドを①の涙袋部分に重ねる

 

2・アイシャドウの左上の一番明るい色をアイホール全体にのせる

 

3・二重になる部分に右上のオレンジのアイシャドウをのせる

 

4・目のきわ(アイライン部分)に濃いブラウンをていねいに塗る。黒目部分を厚めに塗ると優しい雰囲気になります。(やりすぎ注意)できるだけ目の形に合わせて目の際を埋めることを意識して塗る。跳ね上げたり・下げたりしない。タレ目は下まぶただけで作ります。

 

5・下まぶたの目尻から目の1/3に三角に濃いブラウンを入れる。

 

②のアイシャドウが塗り終わった様子

こんな感じに仕上げます。

 

③アイライナーを引く

 

 

目の際にアイライナーをひきます。できるだけ控えめに。

 

大事なポイントは2つ。

 

1・目尻部分は目の形に合わせてアイライナーを下げて引くのではなく、「少しだけ」はねさせるように

 

画像は少し眉毛を上げた状態でアイラインが見えるように写真をとっているのですが、眉毛を下げると結構目が下がってしまうので、気持ちハネるようない感じに引くと良いです。

 

シワやたるみによって変なタレ方になってしまうので注意が必要!

 

 

2・下まぶたにもアイラインを入れる。

下まぶたのアイライナーは、黒目の始まりから黒目の終わりまで、濃いブラウンシャドウの三角部分に引き継がせるように引きます。まだ仕上がりは少し変でも後々いい感じにまとまるはずです。

 

画像が黒目部分より内側から塗ってしまいましたが、目の形と関係なく平行に引く感じにすっとラインを入れる。

 

④マスカラを塗る

 

ポイントは2つ。

 

1・上まつげは黒目の上だけビューラーで上向きにして、マスカラを黒目の上だけささっと塗ります

 

2・下まつげにもマスカラを塗りますが、太さを出すよりもまつ毛が長く見えるように塗ります。(私が使った時にはマスカラが終わりを迎えていたのでダマっぽくなってますが、もっときれいにのばします)黒目の下を重点的に塗ります。

 

⑤眉毛

 

髪の毛くらい〜髪の毛より明るめの色を選ぶと良いです。

ポイントが1つ。

 

1・眉毛はできるだけ目尻と同じくらいに終わるように短く

 

眉毛を書き足すのは、眉毛の下側を自然な流れで描き足す。目と眉毛の間隔が開いていると老けて見えてしまうので自然と間隔が狭く見えるように書き足します。

 

私の場合は眉頭を細めにすると間の抜けた感じになってしまったので毛の生え方に合わせて塗りました。キモチ眉毛の始まりを細めにし、優しい雰囲気になるようできるだけ平行に作ります。

 

ついでに眉頭から目の下あたりまで、ノーズシャドウをちょちょいと入れる。(ついでが多くてすみません)

 

⑥ここで目のバランスチェック

もうちょっと可愛くなるはずと期待の持てる仕上がりの場合は、黒目の上だけ濃いブラウンのアイシャドウをのせましょう!バランスを見ながら付け足すのが良いと思うので、私はメイクの最後の方に足しています。

 

⑦仕上げにつけまつげをセット

つけまつげは、自然なつけまつげを選ぶ。

今回はダイソーのつけまつげを使いました。

 

実はいつも使っているつけまつげがなくてこちらを購入したのですが、意外と良かった。毛が極端に多く長く濃いものよりは自然なものを選ぶと良いです。

 

つけまつげをセットしたらメイク終了です。(上の画像もすでにまつ毛装着済みの画像が多くてすみません)

 

今回はダイソーのつけまつげを使用しました。つけまつげはケバくなっちゃうんじゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、マスカラをグイグイ塗り込むよりも自然と軽い感じになるので30代〜大人の方にもおすすめ。

 

しかも、100均にはいろんな種類のつけまつげがありますし、クオリティーも高いので100円商品で十分。

 

ただし、つけまつ毛のりについてはちゃんとしたものを購入した方が良いと思います。私はディーアップのつけまのりを使用しています。

 

⑧出来上がり

涙袋についてはこんな感じに。

ほんの少し頬をあげるくらいでこの涙袋が出来上がります。

 

以前涙袋がほしー!と頑張ってキラキラのアイシャドウを涙袋に塗り、涙袋があるかのような線を書き足していたのですが、どうにもおかしい仕上がり。このやり方だと自然と影がついて涙袋があるように見えるのでこのやり方に落ち着きました。

 

ちなみに無理やり作っていた涙袋はこんな感じ。

我ながら若作り感がすごかったなと思います。

 

20代の頃はアイラインももっと太くて書いていたのですがそんなに気にならない仕上がりでした。

 

しかし30代後半にもなってくると、アイラインを書けば書くほどおかしい・・・!目を囲めば囲むほど小さくなる目!そしておばちゃん感が増す!と残念な仕上がりになっていタコとにやっと気がつきました。

 

【30代メイクはプチプラで整える】実例あり!「20代と何が違う?ナチュラルすぎると老け顔に!?」まとめ

 

メイクはほんのちょっと変えただけでも印象が変わって楽しいもの。

 

迷走してしまうタイミングは今までに何度かありましたが、今までで一番悩みました。まだまだ試行錯誤を重ね、より気に入ったメイクが見つかるよう頑張りたいです!ここまでお読みくださりありがとうございます。