リファカラット効果がない人の特徴と効果的な使い方とは?「コツ」教えます。

リファカラット効果がない人の特徴と効果的な使い方とは?「コツ」教えます。
Pocket

元エステティシャンがリファのエステティックメソッドに触れながら解説。

 

美容に気を使っている方の多くが手にしている、リファシリーズ。中でも「リファカラット」が特に人気ではないでしょうか。しかし残念ながら「効果がなかった」という口コミも多くあります。「あざができてしまった」「シワが増えた気がする」「逆にたるんだ」「使い方あってるのかな?」などなど。

 

そんな口コミから学ぶリファシリーズの選び方や使い方のコツをエステティシャン視点で解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

リファカラット効果がない人の特徴と効果的な使い方とは?「コツ」教えます。

 

リファといえば大人気の美顔器ですね♪( ´▽`)私がリファの美顔ローラーを手にしたのはかなり前のことになるのですが、どんどん進化するリファから目が離せません。

 

リファシリーズは、いろいろな「エステ技術の動きを再現している美顔ローラー」というところが特徴的です( ´▽`)

 

自宅にいながらエステコースを受けることができるようなイメージ。

 

しかし「エステはエステ」とひとくくりにはできず、「この人の肌にはこのエステコースがいい・この技術は合わないな」と人によっておすすめできるエステコースは変わるのです。リファシリーズの美顔ローラーも同じで、肌質に合わせて選ぶことで効果が実感しやすくなると思います。

 

ここでは元エステティシャンの私が「リファシリーズのエステティックメソッド」と「実際に行っていたエステ技術」とあわせてリファシリーズの選び方をご紹介♪( ´▽`)

 

リファを使っても「逆効果だった」「効果がなかった」という方は、もしかしたら「正しい使い方」や「リファシリーズの選び方」が合っていなかったのかもしれない・・・まずは期待を持ちつつ。リファカラットを使っても効果が出なかったという方の口コミや特徴を見てみましょう!

 

 

リファカラットを使っても【効果を実感できなかった人の口コミ】

多かった口コミをあげてみます。

 

・痛い

・骨に当たる

・お肉を挟んでしまう

・変化がわからない

・逆効果、たるんでしまった

・赤みやかゆみが出てしまった

 

 

などです。「使い方が悪いだけでは?」と思ってしまうような口コミもありますが、単純に使い方が悪いということではないのです。このような口コミを見てリファを買うことを躊躇している方も多いと思うのですが、「みんなが良いと言うから良い」と言うものでもなく、ご自分に合っているものを探してほしいのです(^-^)

 

 

まず「骨格や皮膚は人それぞれ違います」

 

 

そして「エステの効果」としても同じことが言えるのですが、残念ながら1回の使用(や施術)で劇的な変化は求められない。気よく続けることが結果を出すのです。そのため肌質や骨格に合っていない美顔器では、効果を出しづらいのです。リファシリーズは選択肢が多いのでご自分に合っているものを探してみてくださいね(^-^)

 

 

ただし一番の注意点があります。

 

金属アレルギーの方は使わないこと。

 

安い買い物ではないので、店頭などでお試しをしてから購入することをおすすめします。他にも注意点がありますが、「金属アレルギーじゃない」と思っていても、リファ自体が肌に合わないことがあるので、気をつけてくださいね。

 

では早速、リファを使っても効果を感じられなかった方の特徴をお話します。

 

 

リファカラットを使っても【効果が出ない人の特徴とは?】

□リファカラット・リファプロの効果が実感できない人の特徴□

・むくみがない

・骨ばっている

・ゴツゴツしている

・皮膚が薄い

・ほっぺをつねろうとすると皮だけをつまめる

・つねってもあまり痛くない

 

なんとなく自分に当てはまる・・・という方もいらっしゃると思います。このような方は、みんなと同じように単純にコロコロリファを転がすだけではなく、自分に合っている使い方や「リファシリーズの選び方」があります。

 

では逆に効果を感じやすい方はどんな特徴なのか。

 

リファカラット【効果を感じやすい人の特徴とは?】

・むくみがある

・肉厚

・ほっぺをつねるときに皮だけをつまめない、肉と皮が一緒になる

・つねると痛い

・固太り

 

という人。

 

「肉と皮が一緒」・・・、説明下手で申し訳ありませんが、皮だけぷにっとつまめないということですm(_ _)m ほっぺをぎゅっとつままれるとすんごく痛いです。まさに私がそうなのですが、頬の肉をつまんでもカラダの肉をつまんでも「じんじんとあとからくる痛み・・・しかも指の跡もくっきりついてる・・・!!!」という人は、「肉と皮が一緒」というイメージ。

 

 

リファを使って効果の出やすい方は、基本的にむくみがあります。そしてむくみやすい方は毎日のケアがとっても大事

 

 

エステティシャン視点:むくみに効果的なことは「ほぐすタイプのマッサージ」をすること。

 

なのでリファを使ってほぐすことで効果がでます。そして逆に言えば、「ほぐすタイプのマッサージが必要ない人」がリファを使っても効果を感じづらいのです。

 

では「どんな風にリファを使えばいい?」「どれを選べばいいの??」を解説。

 

 

リファカラット「骨にあたる・痛い」という人=部分ほぐし

部分ほぐしが重要!

 

■ポイント

□全体を均一にほぐしていては効果が最大限に発揮されません

□おすすめのリファシリーズ:リファプロ

 

 

吸い上げ、押し流す。
やさしい肌あたりで、
全身に軽やかな美しさを。
エステティックケアの序章である
広く、やさしく、めぐりを整える手技、
「エルフラージュ」の動きを再現

131.8 °のV字角度やリーチの長さなど
多角的に組み上げられた3D-V構造で
肌を吸い上げながら、
ローラーが広範囲を均一に押し流します。
肌を美しく引き締め、
表情、全身に美しさと軽やかさを。

 

 

エラや頬骨の周りは意外とコリがあるので、「気持ち良いと思うくらいの強さ」でマッサージ。それだけでも小顔になったと感じられると思います。

 

 

□顔のコリが強い方□

リファの使い始めは痛みを感じます。

 

痛い!と「我慢するくらいの強さ」でマッサージするのは、ストレスになってしまうので逆効果です。あくまでも気持ちが良い強さでほぐしてください

 

エラが張る原因は、日常的に強く噛み締めていることなので、ほぐさないとどんどんエラが張ってきます。私はエラ張りを気にしているのですが、リファを使い始める時には必ずエラ付近を部分的にほぐして緊張をとっています(^-^)

 

コリがほぐれるようになってきたら、全体をコロコロ。顔全体をマッサージする際に、リファプロの片側を使って上に上げるだけの作業を優しくしてください。骨ばっているところにあたらず、不快感は少ないと思います。

 

 

□リファプロの特長「エルフラージュ」という手技□

手のひら全体を使って、皮膚表面を温めるような・優しくさするようなマッサージのこと。

 

主に体の痩身コースで使う手技です。

 

リファプロを使って「エルフラージュ」ができるというのは良いことなのですが、顔よりも・・どちらかというと太ももや腕などの体に向いているローラーと言えます。

 

しかし、リファプロの片側を使ってお顔をマッサージすることでエルフラージュの効果が最大限発揮されます♪( ´▽`)無理に顔の形にフィットさせず、片側を使ってほぐすことをおすすめします。

 

 

 

リファカラット「たるんだ」という人=地道にがんばる

むくみがない・柔らかい・たるみがちな肌タイプの方は地道に頑張ることが大事!

 

■ポイント

□強めのマッサージは厳禁です=シワ・たるみの原因に

□おすすめリファシリーズ:①リファアイスタイル>②リファオースタイル>③リファプロ

①→③の順におすすめ。

 

 

軽やかに、たたき流す。

リズミカルな刺激で、
表情美が目を覚ます。
吸い込まれるような奥深い輝きの
スワロフスキー®・クリスタルを取り囲む、
ダブルクワトロローラー。

表情美を揺り起こすようなプロの手技、
「タッピング」の動きを再現します。
リズミカルで心地よい刺激が、
肌のキメを整え、美しく引き締めます。

※スワロフスキー®・クリスタルは精巧なカッティングを施した透明度の高いクリスタルガラスです。

地道に頑張るってヽ(*´∀`)

 

そうです。をリフトアップさせることけに集中してください(^^

 

リファを使ったことで即効性を感じられる方の多くは「むくみ」がひどい。

 

リファはむくみを改善させるのに効果的なのです。なので、「そんなに効果が感じられない」という方は、むくみが少ない可能性が大です。しかし

 

「効果が感じられなくても地道に頑張るなんて無理」

 

ですよね(^-^;)しかし安心してください。もともとむくみがなく柔らかい肌の方は、むくみのある人たちの一歩前を歩いているのですから!

 

 

むくみが少なく、プニプニと柔らかい肌の方におすすめのマッサージ方法は「タッピング」という手法なのですが、リフトアップに効果的です。

 

しかし、ただグイグイ上にあげればいいということではなく、いい感じの強さで引き上げていく」のです。そのいい感じの力加減」でマッサージしてくれるのが、「リファオースタイル」・「リファアイスタイル」なのです。

 

何も考えずにコロコロコロコロするだけですのでとっても楽(^-^)他のリファシリーズに比べると軽いですし、持ち運びもしやすいですね。

 

 

□リファアイスタイルの特長「タッピング」という手技□

タッピングは両手の手のひらと指をなめらかに動かしなが頬をリフトアップさせていきます

 

タッピングという響きから叩くようなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、優しくなめらかです。

 

柔らかい・たるみがちなお客様にタッピングをすると、かなり頬が上がりますそのためのお肉が上に上がり、自然と小顔に見えるのです

 

しかし重力に負けてしまい、時間が経つと元に戻ってしまうので毎日のケアが重要です!!

 

ですので、むくみが少なく・柔らかい・たるみがちなお肌の方には、タッピング効果のあるリファアイスタイルが一番のおすすめです。

 

 

 

リファカラット「シワが増えた」気がする人=保湿系マッサージ

マッサージによるシワができやすい方は、皮膚が薄い。保湿系マッサージが一番!

 

■ポイント

□強めのマッサージ厳禁=シワ・たるみの原因に

□おすすめのリファシリーズ:リファオースタイル

 

 

 

肌を、押し流す。
弾むような表情美は、
細部で生まれる。
ロータスカットが美しい
840面体のマルチフィットローラーが、
心地よく押す、流す、といった
「ポイントドレナージュ」の動きを再現

やさしいタッチで細部まで肌を引き締め
弾むような笑顔と表情美を生み出します。

※ドレナージュとはエステティシャンの流れるような動きを表現したものであり、人体への効果効能を表現したものではありません。

 

 

 

血管が見えるような透け感のある肌といったらいいでしょうか。年齢を重ねるとシワが増えやすい肌・笑うと細いシワがたくさんできるタイプの方。

 

皮膚が薄い方の場合、肌のキメも薄く浅くなっている可能性があります。

 

まずは毎日の保湿が大事

 

リファはお化粧をしていても使える美顔器なので、しっかり保湿してから使うことをおすすめします。※保湿後は、少しティッシュで押さえてからにしてくださいね。

 

とにかく優しくマッサージすることが重要です。

 

 

□エステ技術:タッピングNG□

タッピングとは、頬をリフトアップさせるエステ手法です。しかし皮膚の薄い肌の方にタッピングをしてようとすると、タッピングしづらいというか「シワを作りながらリフトアップさせるような技術」になってしまうので注意が必要です。

 

そのため、タッピング効果のある「リファアイスタイル」よりも「リファオースタイル」が向いていると言えます。リファオースタイルがおすすめな理由は、エステ技術の「ドレナージュ」が関係しています。

 

 

□リファオースタイルの特長「ドレナージュ」という手技□

リンパ液の流れや老廃物を流すようなイメージのマッサージ方法。

 

とっても優しく、撫でるような、力を入れてはいけないマッサージです。

 

「こんなに優しくて効果があるの??」

 

と疑問を持たれるお客様もいらっしゃいましたが、施術後はかなりスッキリします。

 

逆に力を入れてドレナージュという技術を使っても効果が全く出ません

 

顔だけでなく全身エステにも使う手法で、マッサージが終わった後には全身が内側からポカポカしてきます。個人の感想ですが、体にしかマッサージを受けていないのに、顔の血色が良くなり「くすみがとれて見える」ので驚きです。

 

このようなことから、内側から老廃物を流せるよう促せるリファアイスタイルがおすすめです。リファオースタイルが、リファシリーズの中で一番好きな見た目です。(どうでもいいコメントです)

 

 

 

 

リファカラット効果がない人の特徴と効果的な使い方とは?「コツ」教えます。まとめ

理想の小顔=リカちゃん人形=目が大きくて口が小さくて・目から下の面積が小さい状態。

 

顔が小さいだけで童顔にも見えますし、少しでも若く見られたい!! となると「小顔になりたい」に直結します。

 

年齢を重ねると、どんどん頭が大きくあご周りがしっかりしてきます。二重アゴやむくんだお顔では、若く見られるどころか何歳か上に見られてしまいます・・・!!ほんの数ミリ変わっただけでも一回り小さく見えるはずです!!自分にあったマッサージ方法で小顔を手に入れたいものですね。

 

ここまでお読み下さりありがとうございます(^-^)

 

スポンサーリンク