メイク

キルカバーファンウェアクッションXPの色味【人気ブランドと比較!意外な結果に!?】

スポンサーリンク

カバー力が高いと評判の【キルカバークッションファンデーション ファンウェアクッションXP】を試してみました。

 

プチプラで人気のようだけど、「本当にカバー力は高いの?」「48時間ムラなしの肌をキープできるって本当?」「色は日本人の肌に合うの?」などなど、これからキルカバークッションファンデーションを使ってみたいという方の参考になるよう、お話ししたいと思います。

 

エスティーローダーのダブルウエア・ランコムのタンイドルウルトラウェアリキッドとの「色比較」もしています。

 

CLIOクリオ【キルカバーファンウェアクッションXP】

□CLIOクリオ キルカバーファンウェアクッションXP□

 

 

キメ細かくカバー

ムラなくなめらか肌

48時間キープ

ベタつかずサラサラした仕上がり

SPF50+PA+++

カラー:4色

 

CLIOクリオのクッションファンデーション【キルカバー ファンウェアクッションXP】を試しました。他にも種類があるのですが、一番人気がありそうという理由で、ファンウェアクッションXPを選びました。

 

試したことのない商品だったので、カバー力や色選びなどの不安がありましたが、実際に試してみた感想をご紹介。

 

選んだ色は【ジンジャー】です。

 

キルカバーファンウェアクッションXP【使用感】

プチプラですが、高級感のある見た目が気に入りました。

 

パフも良い感じ。

 

 

リキッドファンデーションがジュワッと出てきます。

 

すごく軽くて粒子の細かいリキッドファンデーションで、サラサラした触り心地。

 

さらっとしていて伸びも良いのですが、とろっとしているリキッドファンデーションと比べると乾くのが早いので、ささっと塗布。乾燥している肌に直接塗布をしたらかなり乾燥したので、しっかり保湿をしてから塗布するのが良さそうです。

 

キルカバー ファンウェアクッションXP【カバー力】

ファンウェアクッションXPの使用感は、かなりさらさらしています。

 

なので、薄づきにしたければパフにつける量を調整することで、厚塗り感なしの自然な仕上がりに。

 

逆にシミやくすみをしっかりカバーしたい!という時には、トントンパフパフと重ね塗りしていくと、どんどんマット陶器肌に近づきます。

 

カバー力については、本当にコンシーラーいらずの仕上がりで、肌にのせるのが楽しい。

 

「コンシーラーで隠したいな」というところを厚めに塗布することで、肌全体がどんどん均一になりました。

 

そして仕上がりはマットすぎないマット

 

上からルースパウダーで整えるとさらに良い感じ。ツヤツヤにしたければ光沢のあるルースパウダーをのせたり、マットに見せたければマットタイプのルースパウダーをのせると良いです。

 

キルカバーのカバー力が高いので、透明っぽいルースパウダーをのせて自然に仕上げるのが、オススメ。

 

コスメデコルテのフェイスパウダーで仕上げるのが私のお気に入りです。

 

キルカバーがくすみがちな部分をかなりカバーしてくれるので、ルースパウダーでふわっと自然な感じを出すのが良い感じ。

 

 

キルカバー ファンウェアクッションXP【48時間カバー持続】

水をかけてみるとかなり弾きます。夏の汗をかくような時期にもぴったりという感じ。

 

だが、「マスクをしているとあぶら浮きでテカテカしてしまう。なのにちりめんシワが目立つ」ので、少し乾燥しやすいタイプのファンデーションかもしれませんね。

 

「カバー力は高めだけど、モチ時間は肌コンディションにより左右してしまう」というのが素直な感想。

 

とはいえ、プチプラファンデーションでここまでの仕上がりにしてくれるのは、すごい。日常使いにおすすめ。

 

 

キルカバー ファンウェアクッションXP【色・ジンジャー】

選んだのは04ジンジャーです。

私は色白な方ですが、乾燥肌なのでファンデーションがより明るくなってしまう傾向にあります。

 

なのであまり明るい色じゃない方がいいなと思い、ジンジャーを選びました。

 

手の甲にのせてみると「肌の色にあってないかも・・・」と失敗感が出てしまいましたが、顔に塗布すると意外と馴染みました。もうちょっと暗くても良いかもと思えるくらい、明るめのトーンでした。

 

「どちらかというと色白」という方にはジンジャーがおすすめです。試していないのでわかりませんが、ジンジャーより明るい色はかなり明るいのでは・・・と思います。

 

キルカバー・ランコム・エスティーローダー【色比較】

 

左から

①キルカバー ジンジャー

②ランコム PO-01

③ランコム  BO-02

④エスティーローダー  #82

⑤エスティーローダー  #62

(ランコムとエスティーローダーは、リキッドファンデーションです。クッションファンデーションではありませんが、色味の比較としてご紹介しています。)

 

の順に塗っています。

 

参考までに・・・

②と③は、ランコム【タンイドルウルトラウェアリキッド】

②PO-01 ③BO-02

 

④と⑤はエスティーローダー【ダブルウェア】

④#82 ⑤#62

 

①キルカバージンジャーと近い色は、④ダブルウェアの#82。④の方がピンク系ですが、ベージュやイエローベースよりも、ピンク系の色味ということがわかります。

 

③ランコムタンイドルBO-02に少しピンクを足すと、①キルカバージンジャーに近づきます。

 

①キルカバージンジャーのトーンを上げると⑤ダブルウェアの#62・さらにトーンをあげると②ランコムのPO-01に。

 

 

以上のことから、キルカバーファンウェアクッションXPは、オークル系よりもピンク系の色味・標準的なトーンということがわかりました。

 

私は、ジンジャーはオークルや中間色により近い色・暗めのトーンなのかなと想像していたので、意外な結果となりました。

 

キルカバーファンウェアクッションXPの色味【人気ブランドと比較!意外な結果に!?】まとめ

 

【キルカバー ファンウェアクッションXP】の使用感や色味比較のご紹介でした。

 

仕事の日は毎日キルカバーを使っていますが、手を汚すことなく塗布ができ、コンシーラーいらず・なのにくすみやシミを軽々隠せる。メイク時間がかなり短縮されたように思います。

 

また、キルカバー・ランコム・エスティーローダーの色比較の後、腕のメイク落としをしたのですが、その時に一番落としやすかったのがキルカバーです。メイク落としによる肌への負担が減らせるのかも・・・と思いました。

 

気になっている方は、ぜひ一度使ってみてくださいね。ここまでお読みくださりありがとうございます!

[blogcard url="https://sakulabo1518.com/lancome-2/"]

[blogcard url="https://sakulabo1518.com/lancome-color/"]

[blogcard url="https://sakulabo1518.com/clio-prismair/"]

[blogcard url="https://sakulabo1518.com/decorte-face-powder00/"]

[blogcard url="https://sakulabo1518.com/esteelauder-doublewear/"]

スポンサーリンク

-メイク