これを読めば完璧!?弱点さえも味方に【リファプロとリファカラット】の選び方

これを読めば完璧!?弱点さえも味方に【リファプロとリファカラット】の選び方
Pocket




言わずと知れた大人気の美顔器【リファ】

 

「小顔になりたい。でもどうせ買うなら脚やせもしたい・・・!!ウエストにも効果的ですって??」と、一つで二度三度美味しいものが大好きな私は、「いろいろな使い方ができるし・・・」と自分を納得させた上で商品を購入するタイプです。

 

そんなわがままな願いを叶えてくれそうな美顔器は、「リファプロ」と「リファカラット」

 

しかし一体どっちがいいの!?と最後の二択を迫られている方は多いのではないでしょうか(^^

 

スポンサーリンク

リファを選ぶ。

私は「リファプロ」が販売されてすぐの頃に購入しました。現在はいろいろな形のものが出ていて選ぶのが大変そうです。

 

エステサロンに勤務していた頃は(目標という名のノルマのため)いろいろな美顔器を購入したことがありましたが、どれも「高額で高機能」だったにもかかわらず、中途半端に使った程度ですぐお蔵入り(^^ずっと使い続けたものなどありませんでした。「リファ」を除いて。

 

高額・高機能ならば良いというものでもなく、「簡単に使える」というところが一番のポイントです。

 

・コードレス

・充電する必要がない

・専用美容液が要らない

・壊れにくい

・掃除が簡単

・持ち運べる・・・などがズボラな私がずっと使える美顔器の最低条件です(^^

 

リファシリーズは「簡単に使えて効果的」なのでとてもおススメ。様々な形状のリファ美顔器が販売されていますが、手にしっくりくる形状のもので・顔や体へのマッサージがしやすいものは・・・というと。

 

「リファプロ」と「リファカラット」だと思います。

 

私はリファプロを愛用中ですが、リファカラットも持っています。私のように長く愛用しているならば二つめ三つめと種類を増やしていっても良いと思うのですが、やはり自分の希望を叶えてくれる一つを選びたいですよね(^^)

 

ということで、早速人気の「リファプロ」と「リファカラット」の違いや共通しているポイントを見ていきましょう!!

 

 

リファプロとリファカラットの共通点

リファプロ

 

リファカラット

 

 

こちらの3つは、どちらにも共通しているものです。

少し内容を見てみると・・・

 

 

マイクロカレント

マイクロカレント=微弱電流

もともと人体に存在する電流に似たマイクロ電流を体内に流すことで、筋肉に刺激を与え傷ついた細胞の修復を促進します。 ほとんど刺激を感じない極めて弱い電流なので神経や筋を興奮させることなく、ATP生成・タンパク質合成を促進させ損傷部の治癒を促します。運動後の筋・靭帯・腱・関節のトリートメント、肌細胞の修復などお肌のお手入れにも効果があります。

「電流が流れているのがわかる?」というと、体感ではわかりません。

 

本当に微弱電流が流れているか心配な方は「リファでスマホを操作」してみてください。と言ってもスムーズに入力ができるというわけではないのですが、「電話番号を押す」くらいの操作はできるはずです(^^)

 

プラチナコート

2000円3000円の美顔器とは全く触り心地が違いますよね(^^

滑らかな触り心地で高級感があるというか、頑丈そうというか。

 

しかし、金属アレルギーの方は使えませんので注意が必要です。

 

防水構造

湯船の中でも使用できます:長時間の使用は避け、目安30分以内

 

防水構造については、私はあえてお風呂場で使用する必要はないと考えています。

 

というのも、エステコースでも「お湯に体をつけたままマッサージする」ということはしないですし、どちらかというとお風呂上がりなどの「体が温まっている状態でマッサージをする方が効果が出る」と思っているので、防水構造だとしてもお湯の中でマッサージすることはあまりオススメしません

 

私ならお風呂場に置き忘れ・いつのまにかカビさせてしまう(実体験)という未来が見えているので、一度もお風呂場で使ったことはありません(笑)もし湯船の中で使用する場合は、30分以内だそうですので時間に気をつけましょう。

 

 

リファプロとリファカラットの大きな違い

 

リファプロとリファカラットは、持ち手や大きさなどはそれほど差がないのですが、コロコロする部分が全然違いますね(^^

 

リファプロは「平たく」・リファカラットは「まる」。どんな違いがあるのかエステティシャン視点で解説(*^▽^*)

 

リファプロ

 

□エステ技術:エルフラージュ□

リファプロのセールスポイント、「エルフラージュ」とは。

 

手のひら全体を使って、皮膚表面を温めるような・優しくさするようなマッサージ。

主に体の全身痩身コースやリンパマッサージで使う手技です。表現としては「押し流す」が一番しっくりくるかもしれません。

 

手の平だけ・指だけ・に力を入れすぎても入れなすぎてもだめ。「程よい強さで均一に」。お肉をつまんだり叩いたりするような手技ではありません。エステ技術として行う部位は、腕などの細い部分や背中などの広い部分にも使えるマッサージ方法です。

 

リファプロを使ってみた素直な感想

リファカラットと比べると平たい・固そうな見た目ですが、とても良い感じに肌に吸い付きます

 

安く売られている美顔器をコロコロとすると「コロコロカタカタ・・・」という感じだと思うのですが、そういった使い心地ではなく吸い付くように脂肪をググッと流してくれる感じ。

 

顔の場合はリフトアップやむくみを流してくれる、エラが張っている方はリファの片側を使い部分的にほぐすこともできます。

 

腕や足も力を入れずにコロコロするだけで、固くなっている脂肪が柔らかくなるので、むくみやすい方にはもってこいの使用感。

 

リファプロ・リファカラット両方に言えることですが、むくみが多ければ多いほど効果を実感できます。

 

あまりむくんでないんだよな・・・という方はこちらを参考に。

 

 

【リファプロ】が合う人ってどんな人??

「ほっぺをつねるとジンジン痛い」

「ほっぺをつねろうとすると皮だけをつかむことはできず、お肉までつまめる」

「ほっぺを引っ張ろうとしてもあまり伸びない」

「あざができやすい」

「足のむくみがひどくふくらはぎパンパン(ふくらはぎをぎゅっと親指で押すと白くなる、みたいな人)」

「余計なお肉がかなりある」

という方。

 

ほっぺをつねって痛いって「普通でしょ?」と思う方もいらっしゃると思いますが、つねっても大して痛くない・よく伸びる柔らかいお肉の方もいらっしゃいます。実際にリファでほぐすとわかるのですが、本当はこんなにお肉が柔らかいんだなーと思うほどほぐれ・むくみが改善されていきます。

 

もともとお肉が柔らかい状態の方は、リファを使っても効果がわかりにくいはずです。効果がわかりづらいだけで効果がないとは言いませんが、肉厚な方の方が効果がでやすいです。という意味で上記の方におすすめ(^ ^)

 

一回ほぐしただけでも一回り小顔になった??と実感できるかもしれません。

しかし、一回コロコロしただけでは元に戻ってしまうので繰り返しマッサージ!!

 

簡単にまとめてみると・・・

・脂肪が固い固太り

・むくみが多い

・骨ばってない

結構太ってる(元エステティシャンは言い方きつめですw)

・むくみがひどすぎてマッサージをした後やぶつかった時など、すぐにあざができやすい

・脂肪が多く・たるたるしている、つまめる脂肪が多めの方

 

このような方はリファプロがおすすめ。

「リファカラットじゃだめ?」というと、だめではありませんがお肉がはさまってしまい痛い可能性があります

 

私はリファプロを愛用していたので、「気軽にコロコロできていいわぁ!ちょっとこってるようなところは強めにやっちゃうよー♪( ´▽`)」って感じにゴリゴリしていることがあるのですが、リファカラットを購入したばかりの頃にその勢いで二の腕をコロンコロンしたら・・・「・・っっいった〜!肉がめり込んで取れない〜〜〜」となってしまいました(笑)

 

私自身は、固太りタイプなのでリファプロの方が合っていると思います。

 

しかし、リファカラットのつまみ上げるような感覚はクセになるのでwリファカラットも購入したのですが、最初からリファカラットをつかうと悪い口コミのように「痛い」「あざができる」「効果がわからない」といったことになりかねません。

 

全身むくみがすごい!という自覚のある方はリファプロから始めることをお勧めします(*^▽^*)

 

 

リファカラット


□エステ技術:ニーティング□

リファカラットのセールスポイント、「ニーディング」とは。

 

お肉をこねるようなイメージのマッサージ。

二の腕・お腹・太もも・背中・腰・お尻などの、「ある程度ボリュームがあるところをほぐす」のに適した手技と言えます。

 

皮膚だけを浅くこねてしまうとあざになりやすく、指だけに力を入れても手の平だけに力を入れても効果的でない、かといって押す・つまむという動きでもなく、とても難しい手技です。

 

エステ技術を磨くには練習が必要なのですが、新人さんのニーディングの練習台になると、「嫌な痛み」もありますし「あざ」がたくさんできました(笑)

 

「ニーディング」=「つねる」ではないのですが、あまりエステ技術が上手じゃない方のニーディングは「つねーりんぐ」(^^)となってしまう難しい手技ですが、ほぐされた後は体がスッキリ軽くなります。

 

「かなり太っている方」よりも「普通体型寄りのぽっちゃりさん〜痩せている方」向けのマッサージ技術です。

 

リファカラットを使ってみた感想

本来のニーディング技術とは少し違った感じもしますが、「つまみ上げ」がすごい

 

グッと入ってぎゅっとお肉をもっていく」感覚。私はこの感覚が好きなのですが、軽くコロコロっとするだけでもつまみ上げてくれるので、間違った部分を転がした時には痛みを感じる場合があるので注意が必要です。

 

上記の「リファプロが合う人ってどんな人??」でも書きましたが、適当に二の腕あたりをコロコロと勢いよく転がしたら「まあ痛い!!」ジンジンと(笑)リファプロと比べてつまみ流しがすごいこと。なので私は二の腕や足をマッサージする時には優しく、マッサージ部分をよく見ながら慎重にやります(^^

 

しかし首のコリをほぐすのには、リファプロでは感じられないような「つまみ流し」が気持ちよくクセになります(笑)

 

リファプロと比べるとむくみがとれた感は低め。贅沢を言うならばリファプロでむくみを流した後でリファカラットでもみあげるという作業が良さそう。

 

 

【リファカラット】が合う人ってどんな人??

□顔□

「ほっぺをつねるとジンジン痛い・ちょっと痛い」

「ほっぺをつねろうとすると皮だけをつかむことはできず、お肉までつまめる」

「ほっぺを引っ張ろうとしてもあまり伸びない・少し伸びる」

□体□

痩せている〜普通体型寄りのぽっちゃりの方。

「夜になると足がむくむ」

「余計なお肉はそんなにない」

「二の腕だけあと少し痩せたい」

「鎖骨をきれいに見せたい」

など、部分的にケアしたいという方に向いています

 

ちょっとふわっとした書き方をしていますが、「痩せている・太っている・・・」だけだと表現がむずかしく、「下半身だけ太ってる」・「腕だけ太い」・「痩せているのに二重アゴ」・・・などなど個人差があると思います。

 

リファカラットはつまみ流すことが得意なのですが、人によってはただつねられる感覚だけを味わいかねないのです。そのため、リファプロは脂肪が割と多めという方にも対応できる形状をしているのですが、リファカラットはそうはいかず注意が必要。

 

まとめると・・・

・むくみが多い

・骨ばっていない

・そんなに太ってない

・小顔になりたい

・全身、というより部分的にケアしたい

という方向けです。

 

【辛口評価!!リファプロとリファカラット、〇〇に合うのはどっち??】

※あくまで私個人の感想です(*^▽^*)

 

リファプロとリファカラットの使用感を部位別に★★★★★で評価。と言っても「フィット感」・「マッサージ効果」・「好み」などで★をつけたので、少しラフな感じで申し訳ないのですが、私なりに評価してみました。ご参考までにご覧下さい(*^▽^*)

 

おすすめ部位 リファプロ リファカラット

★★★☆☆

おでこからスタートして後頭部まで転がすと痛みを感じます。多分コリです。コロコロしていると頭が軽くなります。V字なので頭を包む・・とまではいきませんが意外と良い感じ。カラットの方が好きですが(^^)

★★★★★

脳天付近をゴリゴリすると痛気持ちいい。こっているのがわかります。カラットの方が滑ってしまうかもと思いましたが、意外といい感じ。私の髪の毛はセミロングなのですが、髪の毛が引っ張られる感じはしません。耳の付け根からこめかみ付近や耳後ろなどをほぐすと、頭がポカポカしてきます。リフトアップには顔だけでなく頭皮ケアから。

★★★★★

目の下からこめかみ・鼻横からこめかみ・口角から頬骨の下へと流すと顔の幅が狭くなりそうなくらいほぐれますね〜。さらにVの片側だけを使ってフェイスライン(あごのライン)から目の下まで・を転がしながら顔全体をVの片側では全体を使ってマッサージ。変な力も入らず、コロコロできて楽。おでこやこめかみもほぐれます。

★★★★☆

丸いのでどの部分も楽にできそうだが、丸がちょっと大きいなぁという印象。しかしおでこの少なめのお肉もつまんでくれますし、動かし方によっては細かい部分もほぐせます。リファプロと比べると動かし方にコツがいるので△1。

 

フェイスライン ★★★★☆

噛み締めると膨らむ部分のマッサージが好き。アゴから耳にかけて流したいが、アゴをはさむ、というのにはVの角度が広すぎるので片側を使って流す!エラ部分のコリをほぐすだけでも小顔効果が見られる気がします。普段歯を噛み締める癖のある方はエラが張ってしまうのでリセットしましょう!

★★★★☆

吸いつきがすごい!フェイスラインのお肉をググッと持ち上げてくれます。リファプロと同様にエラ部分をほぐすと数分の使用でも小顔に見せてくれそうです。しかし、この部分は手技でいうと「流したいところ」・・・!ということで△1。

★★★☆☆

首横は意外とこっています。Vの両側〜片側を使ってコリ解消!しかしVの字全体をフィットさせようとすると少し無理があるかなーという感じなので、両側をあてるというよりはVの片側をフィットさせるようにするとやりやすい。

★★★★★

首のお肉を全部巻き込んでくれます。と言っても痛いというわけではなく程よくお肉をほぐしてくれるので、二重アゴ退治にはもってこいです。

 

首後ろ ★★★☆☆

首のお肉にも吸いつきむくみがとれそうです。肩こりの部分もほぐすと気持ちが良いです。フィット感は低め。Vの片側をうまく使って。

★★★★★

最高!首後ろの変なお肉がなくなりそう(^ ^)首後ろのお肉に段ができている方、ほぐしましょう!できれば人にやってもらいたい部分ですが、自分でケアできるのが良いです。

デコルテ ★★★☆☆

リファプロの吸い付くような感覚が減る。どうやればいいの??とちょっと無理があるような形状ですが、持ち手を上にしてVを逆にした状態で鎖骨の下〜胸上部をコロコロするとやりやすいこんな部分でもこっているのがわかります。

★★★★☆

鎖骨をカラットではさむようにケア。鎖骨下のリンパの流れが良くなりそう。外側へ外側へ(腕の方)と流してください。最初は少し痛いかもしれないので優しく。顔色が良くなります。痛みもだんだん薄れてくると思います。

ワキの下 ★★★★☆

ワキの下をほぐすのはとても大事。二の腕の内側からワキ下をコロコロ。腕の付け根も実はこっていますね〜。詰まっているものが流れるような感覚です。

★★★★☆

ワキの下のお肉をほぐしてもらうことなど普通の生活をしているだけではないでしょう(^^)しかしワキの下はとっても大事な部分です。腕をほぐすならワキの下も絶対一緒にケアしましょう!

二の腕 ★★★★★

腕を上げた状態でも下げた状態でも横からでも転がしやすい。二の腕の後ろ側のお肉は放っておくと固くなってきてしまうのでほぐすことが大事!二の腕から痩せられるようにほぐしまくる!お肉がへんに挟まるような感覚がなく楽に転がせる。効き目は?というと固くなっているお肉が柔らかくなり痩身効果も期待できる。

★★☆☆☆

二の腕は再三書いていますが、やはりお肉を挟んでしまうので△3。しっかりと「角度やつまみ具合」を確認しながらマッサージすれば良いのですが、やはりぼーっとしながらでも使用できるのが良い美顔器(笑)二の腕をほぐすには腕を交差したようにしないとできないので、そこが難しいところ。固太りさんは注意。

ブラ下からウエスト ★★☆☆☆

部分的にVの角度が合わないところが多いため、イマイチの感覚。横に動かすというよりは縦に(上下)転がすとやりやすいが、体によってはフィット感が足りない。

★★★★★

縦に動かしても横に動かしてもお肉を良い感じにつまんでくれます。痩身エステでもお腹を希望される方はとても多いのですが、「大きい動き」でのマッサージはできても、細部まで手でマッサージすることはほとんどしません。なのでカラットがあれば部分ケアがしっかりできて◎

お腹 ★★☆☆☆

二段・三段腹(^ ^)付近も縦に転がすとほぐしやすいが、フィット感が足りない。

★★★★★

お肉をいい感じに巻き込んでくれます!縦にほぐすのが良さそう。タプタプのお肉だと思っていても意外と脂肪自体が固くなっていることがあるのでしっかりほぐしたい。

腰回り ★★★★★

フィット感◎腰回りのお肉は結構固くなっているのではないでしょうか。腰回りは脂肪が固く冷えやすいので、ほぐしてポカポカを手に入れましょう!

★★★★★

腰回りのお肉をつまむと意外と固い、という場合でもとても良い感じに巻き込んでくれます。腰からお尻へ、セルライト退治にも効果がありそうです!!

お尻 ★★★★★

お尻はセルライトができているかもしれませんのでチェックしてみましょう!セルライトにはマッサージが一番ですので、セルライトを発見した際には入念にマッサージ。腰回りからお尻まで一気にコロコロするとお肉に良い感じにフィットして◎

★★★★★

お尻のお肉もしっかりはつまみほぐしてくれる◎。セルライトが多めの人はリファプロ、そんなになさそうという方にはリファカラット。そんな選び方も良さそう。効果はどちらも良さそうですが、お肉をつまんでくれる感じはカラットの方が好み。

太もも ★★★★★

太ももの前・外側・内側・後ろ、全ての部分を楽にマッサージでき、フィット感も◎。太ももの後ろ側はセルライトがあるかもしれませんのでしっかりケアしたいところです!

★★★★☆

太ももを上から(直角?)ほぐすとお肉を挟んでしまいそうなので、太ももと平行にして転がしましょう。聞き手の逆側の太もも内側のマッサージがやりやすい。

ふくらはぎ ★★★★★

足がパンパンに張っている日には、軽くコロコロするだけで「じ〜ん・・」と血が巡り始めました!という感じになります笑。お肉がはさまったりもせずやりやすい◎。実は膝裏もリンパの流れが悪くなってしまう場所なので忘れず優しくコロコロ。

★★★☆☆

スピードの出し過ぎ(転がすスピードです笑)は注意ですが、パンと張ったふくらはぎもしっかりほぐれます。リファプロの方が楽に転がせてお肉がほぐれるのですが、カラットも負けてません。膝裏も忘れずに(^ ^)ゆっくり転がすと◎

足裏 ★★★☆☆

くすぐったいけど以外とフィット。Vの片側を使ってマッサージ。

★★★★★

土踏まずらへんをほぐすと気持ちが良い!カラットの丸みが良い感じにフィット◎足先が冷えている時にも思い切ってほぐしてみましょう!ゴルフボールを土踏まずで踏むと良いと言いますが、それほどの刺激はないものの良い感じに刺激的。

 

 

 

今まで何も考えずにリファプロとリファカラットを使っていたのですが、部分的に考えてみると意外と使用感が違い驚きました。★で表現することが難しいものは「リファプロよりリファカラットの方が好きだな〜」というくらいの気持ちで書いているので、なんとなく伝わると嬉しいです(^ ^)

 

まとめ

リファプロとリファカラットの違い・共通点、部位別評価などをご紹介しました(*^▽^*)

 

私の個人的な感想ですが、「リファプロとリファカラット、選ぶならどっちがいいの??」と日々悩む方の参考になればうれしいと思い書きました。

 

「さらに悩みが深まった・・」という方には申し訳ないのですが(^^;「これに決めた!!」という方が増えることを祈っています。「で、あなたはどっちがおすすめなの??」の答えとしては「両方好きだけど、私が気にしている部分にはリファプロの方が合う。でもリファカラットの使用感好きなんだよね」です。最後は好み!!と最後の最後に元も子もないことを書いてしまいますが(汗)どちらにしてもちゃんと使えば効果も実感できますし、良い買い物をしたと思えるはずです(*^▽^*)一緒にきれいを目指しましょう!!

 

 

ここまでお読みくださりありがとうございます(*^▽^*)

ではまた☆

 

 

 

 

 

スポンサーリンク