「ワキガ?ワキが臭い!」臭いの原因・臭い対策を元エステティシャンが教えます〜シークレットなど〜

「ワキガ?ワキが臭い!」臭いの原因・臭い対策を元エステティシャンが教えます〜シークレットなど〜
Pocket

「ん!?自分のワキくさい!!ワキガ!?」と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

私はエステサロンで働いていたことがあるのですが、脱毛を始めるお客様の悩みの一つに「臭いが気になる」ということ。脱毛することでニオイが軽減されるのですが、やはりワキの臭いが全くなくなるということもなく、何か対策をしなければならないのだな・・・と思っていました。

 

今までにいろいろな商品を試してみたのですが、その中でもお気に入りのワキのニオイ対策をご紹介ヽ(*´∀`)

 

スポンサーリンク

腋臭症=ワキガ

フリー写真素材ぱくたそ

 

ワキが臭う原因は汗と肌にあります

 

まずは、私たちの体にある2種類の汗腺のご紹介。

□エクリン腺□

全身にある汗腺でほぼ水分のみのサラサラした汗を出す

□アポクリン腺□

ワキや陰部などに存在する汗腺で、タンパク質や脂肪・鉄分などを含んでいるベタベタしている汗を出す

 

臭いの原因は、アポクリン腺から分泌された汗で、汗自体にニオイが強くあるというのではなく、汗が皮膚の細菌によって分解されるときにニオイが出てしまうというもの。難しいことはさておき、緊張した時などに出る変な汗もアポクリン腺から分泌されているのですが、緊張した後のワキは少なからず「臭っている」と感じたことはないでしょうか(^^)

 

そんなニオイを抑える方法がこちら。

 

ワキガ対策

フリー写真素材ぱくたそ

 

大事なのは、汗をかく前に肌を清潔にしておくこと。汗をかいたときにニオわせないこと。今まで使ったものの体験談なども含めてご紹介。

 

デオナチュレ【クリスタルストーン】

 

「使っても使っても減らない」という印象のクリスタルストーン。

 

使い方は「石に水をつけて肌に塗る」というものなのですが、「ぬらした石で肌をなでる」というイメージで使います。これで良いのか??と少し不安になるものの効果は絶大!初めて使った時には効果すごすぎ!と驚いたものです。しかもストーンが割れてしまっても効果が持続するのでコスパ良すぎです。(石が尖っているときは痛いので使わないでくださいね!)

 

職場にワキの臭いがきつめだなー・・・という女性がいたのですが、たまたまワキの臭いの話になりお勧めしてみたところ、使い始めてからぱたっとにニオイがしない。

 

【シークレット】パウダーフレッシュ

無香料タイプより香り付きが好きヽ(*´∀`)

 

10年以上愛用中。まとめ買いしたので在庫が5個もあります。一番好きな香りはシャワーフレッシュ(^-^石鹸やシャンプーの香りが好き)

 

香りに好き嫌いがあるかもしれませんが、ワキに塗るにはちょうど良い。本来ならワキの臭いがモワッと上がってきてしまうような時もフレッシュな香りがふわっと上に上がってくるので気持ちが良いです(^-^)

 

□蓋を開けた様子□

ぱかっと外す蓋。

 

塗る幅が広いのでさっとひと塗りで完了、なのでとても簡単。汗も抑えてくれるので汗っかきの私には合っています。夏でも冬でも汗はかくので年中無休で使用中。

 

白くて「パウダー入りの柔らかい固形石鹸」のような触り心地なのですが、べたつかずサラサラしています。夫のように毛が生えていると「毛についてペトッとする感じがする」と言っていたので毛のない方におすすめ。

 

□手の甲にひと塗りする前とした後□

角度により色が明るく写ってしまっていますが、塗った後もほとんど変わらなかったです。

 

毎朝メイクや歯磨きをするついでにワキにはシークレットを塗るのですが、うっかり塗り忘れてしまったときは少しそわそわしている自分がいます。依存してますね(゚∀゚)それほどの効果。

 

【ギャッツビー】デオドラント ロールオンGB

 

ロールタイプのローションも簡単でおすすめ。夫は(ワキに毛あり)ローションタイプが毛に絡まなくて塗りやすいし、効果すごい!と言っていたので男性に特におすすめ。

 

私はローションタイプだと乾くのに時間がかかるのが嫌。ちょっと待たないといけない感じが好きではなく、使っていません。しかし夫に言わせるとギャッツビーのデオドラントロールオンが一番効果ある!!と言っています(^-^)

 

スプレータイプ

 

スプレータイプは、中高生の頃に乱用していましたヽ(*´∀`)夏の汗をかいたときなどに使うと、冷たくて気持ちが良いですよね。色々な香りがありお気に入りを探したものです。体育の後は、みんながみんなスプレーしているので、いろんな香りが入り混じっていてちょっとどうにかなりそうでしたが懐かしいです。

 

しかし汗をかいた後にするスプレーは、「くさいニオイに蓋をする」というイメージなので、中高生の頃の使い方は間違えていました。スプレータイプも「肌を清潔にしてから事前にスプレーしておく」と臭いの発生を抑えてくれます

 

とはいうものの、スプレータイプのものは捨てるのに困るというか面倒なので私は使いません。

 

【失敗談】拭き取るタイプやアルコール消毒

 

拭き取るタイプのデオドラントシートは、汗をかいた後に汗を拭き取ると肌がサラサラするというもの。私が高校生の頃にとても人気がありましたし、バッグの中に常に入れていたかもしれません。汗で肌がベタベタになってしまっても、パウダーシートで肌を拭き取るとサラサラして気持ちが良い

 

しかしワキの肌を拭き取ってもニオイまでは取れません。まだワキ脱毛をしていなかったので夕方になると毛もチクチク生えてきてしまうし(おじさまのヒゲのよう)、ワキがどうにもこうにも臭ってしまって・・・と困ったことがありました。

 

またアルコール消毒についても同じことが言えます。エステサロンにてワキ脱毛をする際は、最初にワキをアルコール消毒するのですが、ニオイ始めているワキのニオイは全く消えませんでした。

 

ワキの臭いは「拭けば良いってものでもない」ということですヽ(*´∀`)

 

まとめ

フリー写真素材ぱくたそ

 

元エステティシャンだからこそわかる、「ワキの臭いを抑える方法・おすすめのケア商品」のご紹介でしたヽ(*´∀`)

 

ワキの肌をニオわせないためには、「まず肌を清潔にする・清潔な肌にデオドラントケアをする」

 

ワキのニオイで動きが小さくなったり・自分のニオイを意識したり・・・疲れますよね(^^;)そんなワキの臭いに悩む方の悩みが少しでも消えると嬉しいです。ここまでお読みくださりありがとうございます(^-^)

 

スポンサーリンク