メイクアップ

キャンメイククリーミータッチライナー【おすすめ色3選】目元に深みを出したい人必見!!

キャンメイクのクリーミータッチライナーのおすすめ色を知りたい。

 

種類が多いのは良いのですが、色選びに悩みますよね。

 

私はビターキャラメル・フォギープラム・アズキブラウンを使用しています。

 

全色レビューではありませんが、『目元に自然な深みを出したい』という理由から選んだ色です。黒やダークブラウンではなく、少し赤みのある色を選ぶことで、目元をぐっと華やかな印象に仕上げることができます。

 

おすすめの色

05ビターキャラメル

06フォギープラム

07アズキブラウン

 

3色全て目元の画像もあるので、ぜひご覧くださいね。では早速キャンメイククリーミータッチライナーの特徴や良いところ悪いところをチェックしていきましょう!

 

 

キャンメイククリーミータッチライナー

特徴

・アイライナー

・1.5mmの細い芯

・高発色

・高密着

・ウォータープルーフ

 

使用感

・極細クレヨンのような描き心地と柔らかさ

・ペンシルのような固さはない

・筆タイプよりは描いてる感がある

 

使い方・コツ

・一気に線を描く!というよりは、少しずつ描き進めるのが◎

細芯が細すぎず太すぎず、描きやすい!

 

・足りないところだけを補うように描き足すのも◎

黒目の印象を深めたい時は黒目の下の粘膜に近いところを部分的に描きたすと優しい印象に!

 

 

注意点

一度繰り出した芯は戻らない!

・キャップをカチッと音が閉まるまでしっかりとしめないでいると、芯が乾いて描けなくなることがある

・子供の手の届くところに置かない

 

4歳の息子が楽しそうに繰り出していた・・・一度繰り出した芯は戻らないので注意!!

 

良いところ

・芯が細く描きやすい

・芯が細くても折れづらいケース

・描き心地がなめらか

・意外と落ちない

・発色が良い

・くすまない

・色の種類が豊富

・リキッド筆タイプよりも安定して描ける

 

 

悪いところ

・一度繰り出した芯は戻らない

・いつなくなるかわからない

※容器が固く回りにくくなったら芯終了のサイン。

・色の種類が多くて悩む

・目尻をすっと流すように描きたい時はちょっと難しい(筆リキッドタイプと比べると)

 

 

キャンメイククリーミータッチライナーの色チェック

 

色チェック

05ビターキャラメル→オレンジ系の赤み茶色

06フォギープラム→紫系の茶色

07アズキブラウン→紫と茶色を合わせた濃いめの色

※上記画像上から順に書きました。お使いの機器によっては色が違って見えるかもしれませんがご了承ください。

 

明るい室内で見るとこんな感じ。

 

太陽の光にあたるとこんな感じ。

発色がかなり良いです。真ん中のフォギープラムがちょっとかすれていますが、もっとビタッと描けます。

 

05ビターキャラメル

 

3種類の中では一番明るい色です。

 

オレンジや赤みの強い色なので明るい印象にしたい方におすすめ。

 

私のまぶたではちょっと赤系の色が強いと思ったのですが、下まぶたの粘膜に近いところにラインを入れると、目元の深みが出て良い感じ。ブラックやダークブラウンで目の周りを囲むのよりも軽い仕上がりで目元が締まります。

 

アイライナーとして使うよりも下まつ毛の薄さカバー&目元の深みや引き締めに使うのが好き。

 

こちらで使用しています!

【涙袋がない】クマや老け顔にしかならない人はこのメイク試してみて!!

続きを見る

 

06フォギープラム

 

ちょっと紫がかった茶色で上品な色です。

 

私はイエベ寄りの肌なので、種類によっては紫色が合わないのですが、優しい茶色味も入っているので意外と良い。

 

紫系のアイシャドウをつけると目元が腫れぼったく見えたり、肌がくすんで見えるという方にもおすすめ。目元全体ではなく目のキワに塗るアイライナーであれば自然に目元の色味の印象を変えられるのではないでしょうか。

 

カラコンをするほどではないけど目元の色味の印象を変えたいときに使っています。

 

07アズキブラウン

 

3色の中では一番馴染みのある色かなと思いましたが、絶妙な『和カラー』がブラックよりも自然な目元に。

 

しかもダークブラウンやブラックよりも赤みや紫っぽい色が入っている色なので、黒目が黒すぎない方にもおすすめ。私は黒目の輪郭がくっきりとしていないので、このくらいの色味の方が良いかもしれませんね。

 

切開ラインを入れるときにもアズキブラウンが使いやすい。ブラックやダークブラウンよりも自然な仕上がりになります。

 

私のお気に入りの使い方

最近ではアズキブラウンを上まぶたのアイライナーとして使い、下まぶたのキワにフォギープラムかビターキャラメルでラインを描くのが私の定番になりつつあります。目元に自然な深みが出て、マスク美人になれるんですよね・・・!

 

 

こちらもCHECK

【30代メイクはプチプラで整える】実例あり!「20代と何が違う?ナチュラルすぎると老け顔に!?」

続きを見る

エクセルのアイシャドウ【イエベ】40代の私に馴染むか検証!

続きを見る

 

 

キャンメイククリーミータッチライナーの色落ち

キャンメイクのクリーミータッチライナーは、ウォータープルーフです。芯が柔らかいアイライナーなので、すぐ落ちちゃいそうと思っていたのですが、全然落ちません。

 

水や石鹸で洗い、ピンポイントでこすればこのぐらい落とせました。

結構こすりましたが全然落とせません。メイクを落とすときには、優しくクレンジングしてくださいね。

 

こちらもおすすめ

【アテニア本音レビュー】口コミが悪い?40代の私が徹底検証!!

続きを見る

【ビオデルマ】肌に悪いって本当!?元エステティシャンが検証!

続きを見る

 

 

キャンメイククリーミータッチライナー【おすすめ色3選】目元に深みを出したい人必見!!まとめ

キャンメイクのクリーミータッチライナーのおすすめ色のご紹介でした。

 

おすすめ色3選

05ビターキャラメル

06フォギープラム

07アズキブラウン

 

 

05ビターキャラメル

下まぶたの粘膜に近いところを埋めるように使うのがおすすめ。

 

目元の印象を明るくしつつ、目元に深みが出るところが◎

 

06フォギープラム

アイシャドウではなくアイラインで目元の印象を変えたいときにおすすめ。

 

ブラックやダークブラウンのアイラインを引くと目元がきつい印象になる方にも使いやすい色だと思います。まつ毛の隙間を埋めるようにすると自然と優しい印象に。

 

07アズキブラウン

自然な色味で「がんばってる感」を出さずに目元をはっきりと見せたいときにおすすめ。黒目を大きくかわいい印象にしたいときは、下の画像:ピンク部分に少し太めにラインをして元から黒目がちな瞳に。画像のピンクはかなり厚めですがうっすら足すとより自然に仕上がります。

「なんかちょっと変えたい!」というときにも少し色味の違うアイライナーを使うと、目元の印象が華やかに変わるので、ぜひ試してみてくださいね。ここまでお読みくださりありがとうございます。

 

こちらもおすすめ

つり目をたれ目メイクにしたら人生が変わった。無理のない「たれ目メイク」

続きを見る

【ランコムとエスティーローダー比較】色・使用感は互角!?元エステティシャンが検証

続きを見る

三重まぶたの治し方【画像あり】4つの原因から二重に戻す方法を試した結果。

続きを見る

 

スポンサーリンク

-メイクアップ