初心者だからこそ伝えられる【ジェルネイルやり方とズボラ疑問】

初心者だからこそ伝えられる【ジェルネイルやり方とズボラ疑問】
Pocket

ジェルネイルをやってみたい。でも「爪をガサガサに削らないといけないんでしょ?」「落とすのも大変なんでしょ??」「なんだか難しそう」となかなかジェルネイルを始められない方。

 

なんとなくジェルネイルについてのウワサを聞いているけど、実際はよく分からない。だから始められないの!と思っていた私がジェルネイルを解説(*⁰▿⁰*)!

 

「初心者だからこそやってしまった」「このやり方じゃダメなのかな?」「家事の合間にやりたい、時短の方法はないの?」などのプチ疑問や失敗談も含めてご紹介いたします!!

 

スポンサーリンク

【by Nail Labo】ファーストキット

 

私が選んだセルフジェルネイルは「by Nail Labo ジェルネイル」です。

 

急に思い立ち購入しました。なんでもじっくり考えることが多い私ですが、ずっとやってみたかったので思い切って購入しました(*⁰▿⁰*) 上の画像には入っていませんが、6色(4色や2色のもあります^^)のカラージェルが入っているものを選びました。選ぶ色も豊富だったので、きっと好みの色を見つけられると思いますよ〜。

 

 

「ファーストキットのような◯◯キットって余計なものまで入っていて逆に高くないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが(私はそうでした笑)こちらのキットは必要なものだけがビシッと入っています。

ファーストキットには、ジェルネイルを硬化させるためのLEDライトや爪を整えるもの・ジェルネイルを落とすもの・ベース・トップコートなど全て入っているので、はじめての方はセットになっているキットを購入した方がお得なようです(*⁰▿⁰*)

 

選べる6色(4色・2色というのもありますよ^^)も種類が豊富なのでいいなーと思うものはきっとあるはずです!

 

セットに入ってないけど必要なもの:キッチンペーパー・コットン・アルミホイル

 

マニキュア・ジェルネイルのメリット・デメリット

フリー写真素材ぱくたそ

 

実は、私はネイルサロンに1回しか行ったことがありません(^ ^)

 

「えーーーー!?」と思われるか「私も」と思われるかわからないのですが、1回だけ友人の結婚式の際にネイルサロンを訪れたことがあります。

 

なぜ1回で行かなくなったかというと、「自分でもできそう。高いし・・・( ;∀;)」しかもネイリストさんにやってもらったからといって乾くのが早いわけでも乾くまでそのまま待機というわけでもなく、服を着るときにずるっと剥けたことに「もう行かない」と思ったわけですが、マニキュアというのは完全に乾くまでにすごく時間がかかるということですね。

 

しかしいろんな色やラメ入りのものなど種類が豊富なことや、百均でも購入できるなど安価で入手できるというところは良いところ。ジェルネイルですと、安くても1本1000円以上はするはずです。しかしマニキュアよりも「モチ」が良いのです(*⁰▿⁰*)

 

苦労してグラデーションしてみても乾かない。気が付いたときには変に剥げて固まってる・・・「ちっ。」と舌打ちでもしたくなるほど残念な気持ちになります。爪は気づかないところでいろいろなところにぶつかっているのです。

 

しかし「じっと待っていることも・待つ時間もない」方がジェルネイルをしたら・・・きっとそのめんどくささから解放され、次はどんなネイルにしよう!?と笑顔で考えられるはずです(^^)

 

ただし、ジェルネイルはジェルを硬化させるためのライトが必要です。その点だけクリアしていただけるのなら、是非是非ジェルネイルを始めることをお勧めしたいと思います!!!

 

ジェルネイルって爪を削るんでしょ?

フリー写真素材ぱくたそ

 

ずっと引っかかっていました。

 

「ジェルネイルは爪を削るから爪が痛む」と聞いたことがあります。爪を削るのはちょっと・・・となかなか手を出せないでいましたが、ネイルラボさんのジェルネイルは爪を削らなくていいのです!!!

 

爪の先端を整えるくらいで、爪自体を削ったりはしません。

削るといってもどうやって?どのくらい?という不安がないのが良いですね(^ ^)

 

ジェルネイル手順【初心者ズボラ疑問含む】

フリー写真素材ぱくたそ

 

初心者でズボラでせっかちな私の失敗談も含めてご紹介(*⁰▿⁰*)

 

□□手順□□

1・爪を切る

のばしている方はそのままでOK

 

2・エメリーボードで爪の先を整える

一方方向に爪の先端を整える、爪切りをしたばかりの角をとる、みたいな感じです。

 

3・キューティクルプッシャーで甘皮を処理

爪の甘皮(画像の青で囲ってあるところです)をキュティクルプッシャーで爪の生えはじめの元部分(黄色の矢印のように)に押し上げます。

※乾燥とささくれがひどくてすみません(笑)

私はすぐにささくれになってしまうので、少しだけ甘皮を押し上げました(^ ^)爪の元の白くなっているところ(扇っぽいところ)が増えていて、少し爪が長くなったように見えます。

 

 

ズボラ疑問:「面倒だしよくわからない、甘皮はそのままでいいよ。」

 

 

仕上がりはこうなります(笑)

 

私は「甘皮処理めんどう・・・」と何もケアしないままやってみました・・・が見た目が変です(笑)

 

爪の甘皮は適度にとることで「爪の成長がよくなったり」、また爪自体の長さも「長くきれいに見える」と良いところがあるそうなので、面倒でもきれいにすると良いと思います(^ ^)

 

とはいえプロの方のように専用のハサミを使ってカットしたりすることは難しいので、甘皮を少し押し込むように・・・爪にくっついている皮部分を減らすようなイメージで、爪の生え際に向かって優しくゆっくり押し上げてください。甘皮が柔らかくなっている時が良いそうなので、手だけぬるま湯につけたりお風呂上がりにすると、甘皮が柔らかくなっているのでやりやすいです(^ ^)

 

取りすぎは良くないので適度にやりましょうね♪

 

4・クリーナーで甘皮のカスなどを取り除く

 

クリーナーをキッチンペーパーに含ませて拭き取る。甘皮を処理したカスが残っているとネイルの仕上がりがざらっとしてしまうのできれいにしましょう(^ ^)

 

ズボラ疑問:「クリーナーじゃないとだめ?高そうだし・・」

 

多分大丈夫です。しかし、こちらのクリーナーはジェルネイルを硬化させた後に、ぺトっと残るものを拭き取る際に使うので、ついでに使う感覚で使うと良いと思います(^ ^)甘皮のカスを拭き取る以外にもメインの使用目的がありますので(*⁰▿⁰*)

 

5・ベースジェルを塗布

爪全体&爪の先の断面部分にベースジェルを塗布します。

 

早速塗る工程です(^ ^)ジェルを塗るまでの準備は面倒でしょうが、少しだけ手間をかけることで、ここから先がストレスなくできますのでがんばりましょう(*⁰▿⁰*)

 

ズボラ疑問:「ベースっている??マニキュアの時はベース塗ってなかったけど・・・。」

 

私はマニキュアを塗る時にベースなるものを塗っていませんでした(面倒で(^^;)

 

こちらのジェルネイルもベース無しでもきれいに塗布できるのですが、すぐに剥がれてしまいます!!

 

ジェルネイルの手順にも慣れてきた頃、「ベースジェルを塗るの面倒だから無しでいいや」とベース無しでスタートしてしまいました。すると・・・湯船に浸かっている時にペロっときれいに剥がれてしまいました( ;∀;)本当にペローンと簡単に爪から浮いてきてしまったので、ベースは必要です(^ ^)!

 

ベースジェルがカラージェルをくっつくようにしている&爪の凸凹や縦ジワなども隠してくれるのでベースジェルは塗りましょう!

 

 

6・LEDライトで硬化

※実際には青い光があたります。コードもあります。

 

1回目の硬化です。ベースジェルをかためていきましょう!

まずは親指以外の4本指を硬化・その後親指を硬化(逆でもOK!)させます。

 

ズボラ質問:「1回で済ませたいから手の指全部いれちゃおっかな?」

 

 

手の場合、こちらのLEDライトに五本指全ては入りませんでした。無理やり手を丸めてうまいこと五本指を入れたとしても、ライトが当たっていないところがあり、全く硬化されていないところがあったので、時短にはなりません。ご注意を(^ ^)w

 

私は左手の人差し指から小指までを塗り硬化①→両手の親指を塗り硬化②(画像下)→右手の人差し指から小指までを硬化③

という流れでやっていますよ(^^

 

※②画像は片手の親指だけですが、両手の親指を入れています。

 

忙し質問:「ベースの硬化まで終わった!でも家事をしたいからカラージェルは後で塗りたいっ」

 

マニキュアの場合は固まるまで時間がかかるのですが、ジェルネイルの場合は硬化させてしまえば自由に動くことができます。しかし、ベースジェルは終わったけどカラージェルは後でやりたいという場合、ベースジェルは硬化させた後でも触り心地がツルツルではなく少しべたつくので(クリーナーで拭いてもさらにおかしなことになります^^;)、汚れが付着してしまう可能性があります

 

そのため、途中で終わらせるのではなく、最後の工程までやりきってください

 

というのも、私は「ベースジェルを硬化させた後だから大丈夫でしょ」と子供の寝かしつけに布団や毛布を触りました。「なんか爪に引っかかる感じするな」と思い爪を見てみたら・・・毛布の毛やゴミがくっついてしまい余計な作業が一つ増えてしまいました(笑)家事の合間を縫って作業しようとしたのですが(^ ^;)

 

忙しい時間の合間に作業をされるようでしたら、「片手の4本指だけまずやる」、など全行程できる時間で作業することをおすすめします(^ ^)

 

 

7・カラージェル塗布



 

爪全体&爪の先の断面部分までカラージェルを塗布します。はみ出てしまった時にはウッドスティックで取り除きます。

 

ズボラ疑問:「まだネイル塗布中にウッドスティックを使ったことがありません。必要?」

 

私はあまりウッドスティックの必要性を感じたことがないのですが(^ ^)ジェルネイルを落とす時に使うので持っていて損はありませんよ(*⁰▿⁰*)はみ出た時には、ウッドスティックでやるより指でちょいっと取り除く方が得意です!!(よくないかもしれませんが笑)

 

カラージェルは、マットなものや少し爪が透けているようなもの・ラメ入りなどお好きなものを選びましょう!私はジェルネイルを塗るならマットのものがいい!!!と思っていたので、マットを選びました。

 

カラージェルはマニキュアよりも塗りやすい印象です。

 

トロッとしているので、塗布した後に少し待っていると馴染んでくるというか均等になる、という感じがします。マットタイプは初心者の私には無理だったかも??と思いましたが、意外と上手にできました(^ ^)

 

8・LEDライトでカラージェルを硬化

手順6と同様です。

 

9・カラージェル2回目塗布

手順7と同様です。

 

ズボラ質問:「1回じゃだめ?1回で厚塗りしちゃおっかな。」

 

1回でも大丈夫ですが、きれいに見せるためには2回は塗布した方が良いと思います。二回塗るのが面倒で厚塗りすると、うまく硬化しないですし、きれいにも見えないので2回塗った方が良いです(^ ^)

 

10・LEDライトで硬化させる

手順6と同様です。

 

11・トップジェルを塗布

爪全体&爪の先の断面部分までトップジェルを塗布します。

 

ズボラ疑問:「結構きれいにできてるし、トップジェルいらないかも?」

 

ベースジェルと同様、トップジェルを塗らないとはがれやすくなるのでここまできたらトップジェルは必ず塗布しましょう(^ ^)

 

「ベースジェル無し」と「トップジェル無し」、どちらも試してみたのですが、ベースジェルを塗布していればぺろっと剥がれることはありませんでしたが、ベース&カラー&トップ全て塗布した爪よりも、トップジェル無しのものの方が早くはがれてしまったので、長持ちさせるためには必要なようです!検証済みです(笑)

 

 

12・クリーナーで硬化されなかったジェルを拭き取る

 

 

お疲れ様でした(*⁰▿⁰*)これでジェルネイルの完成です!!

 

ズボラ質問:「爪が伸びてきたから切っても良い?」

 

切ることはできます。しかしジェルネイル自体ははがれやすくなってしまいました(^ ^;)

ジェルネイルは〜2週間くらい持つようなのですが、爪は伸びてしまいます。なので爪を切るタイミングでジェルネイルを落とし、爪を切ってからまた新たにジェルネイルをする、という流れが良さそうです。

 

13・ジェルネイルをリムーバーでとる

 

 

 

ズボラ質問:「自分ではがせそう。ぺろっととっちゃってもいい?」

 

初めてジェルネイルをした時に、少し浮いてきたジェルをペロンと手でむいたことがあります。「え?自分で剥けるって楽じゃん!?」と喜んでいたのですが(笑)ジェルをむく際に爪の表面も一緒に剥がれてしまうようで、すごく爪が痛みました(爪がカサカサになりました。続けると爪が薄くなるそうです!)。そのため面倒なのですが、爪のために・・・!リムーバーでとるようにしていただきたいと思います(^ ^)

 

 

まとめ

フリー写真素材ぱくたそ

 

ジェルネイル初心者が伝える「ジェルネイルのやり方・疑問」はいかがでしたか(^ ^)??

 

初心者のくせに手順通りにやれないタイプなので失敗や無駄なこともたくさんありましたが、きちんとやれば簡単にすぐできます(*⁰▿⁰*笑)今は少しずつ慣れてきたので、シェル(貝)を埋め込むようなこともしているのですよ(´∀`ふふん♪)と言っても下手ですが(笑)とこのようにすぐに楽しめるようになるはずですので、あと一歩ではじめられそう!!という方はぜひジェルネイルをはじめてみてください(^ ^)

 

ここまでお読みくださりありがとうございます(*⁰▿⁰*)

ではまた★

スポンサーリンク